お花見会/轟滝/音波探査/桜島噴火/本キリシマ/隼人歴史資料館/キリシマツツジサミット/馬頭観音踊り

鹿児島のご隠居(2015.04)


★お花見会

 団地老人クラブのお花見会が吉野公園で行われた。バスはわが団地始発、吉野公園が終点である。小1時間かかったが、車の運転をする犠牲者を出さずに済むし、大変便利。桜は満開を少し過ぎた程度で、お弁当に花びらが散りかかり、なかなか風情があった。おまけにリトルチェリーズという小中学生のジャズバンドの演奏まであった。ラッキー。(2015/4/1)

★轟滝

 災害記念碑を求めて郡山町をほっつき歩いた。神之川の上流で轟滝というきれいな滝を見つけた。(2015/4/2)

★音波探査

 桜島の有村で簡単な魚探を使って音波探査を行った。大正溶岩が海中に突っ込んだ地形を知りたかったのである。有村は、大正噴火以前の東桜島村の役場所在地、一大温泉街だったそうだが、面影もない。(2015/4/6)

★桜島噴火

 桜島の有村川へ土石流の空撮に出かけた。地鳴りと共に昭和火口が噴煙を上げた。しかも空撮中、何回も噴煙を上げている。本当に今年は活動が活発だ。工事現場の見廻りに来た方が、「あんなのは可愛いほうですよ。火砕流が恐い。何しろ谷底で仕事をしているのですから。」と言っておられた。実感だろう。(2015/4/7)

★本キリシマ

 霧島ジオパーク推進協議会の総会が霧島市役所であった。駐車場のところに、キリシマツツジが見事に咲いていた。霧島山では絶滅してしまったとのこと。能登から貰ってきて植えたらしい。(2015/4/9)

★隼人歴史資料館

 丸尾でキリシマツツジサミットがあるので、車で出かけた。ついでに隼人の歴史資料館に寄ってみた。大隅正八幡から宇佐八幡が出て、その後石清水八幡が出来たと熱っぽく解説してくださった。ここの社家は75代続いている由。それが記録に残っているのだからすごい。社家の住宅はV字型の堀を巡らした広大な館のようであったともいう。倭寇が乗っていたバハン船は八幡船と書くから、もしかすると、神社も海運業(海賊業?)をやっていたのかも知れないと思った。(2015/4/18)

★キリシマツツジサミット

 第2回全国キリシマツツジサミットに出席した。最近は何でもDNAである。霧島→大坂→江戸といったルートで染井村に伝わり、全国に広まったらしいが、北前船による伝播もあったらしいとのこと。もしかすると、薩摩の密貿易で直接、能登に伝わったのではないだろうか。(2015/4/18)

★馬頭観音踊り

 江口浜の物産館に買い物に出かけた。ものすごい人だかり、創立12周年だという。その記念に湯之元の馬頭観音踊りが披露されていた。 鹿児島神宮初午祭の「鈴かけ馬踊り」のようなものだが、こちらはポニーが演じていた。(2015/4/19)

/お花見会/轟滝/音波探査/桜島噴火/本キリシマ/隼人歴史資料館/キリシマツツジサミット/馬頭観音踊り
更新日:2015年4月19日